注意点

女性にとって美容は欠かせ無い要素であり、様々な美容専門の商品が存在します。

 

 

その中でも最近になって多くの女性から話題となっているのが美容オイルであり、美容液としての利用以外にもマッサージやメイク落とし等様々な場面で使えるのでとても便利です。肌にとって保湿は欠かせない要素ですが、化粧水だけのスキンケアでは十分に保湿が出来ていないケースがあります。美容オイルは細胞間脂質となじみやすい性質がるので肌の深層まで潤いが浸透しやすく、水分とは違い蒸発しにくいのでとても効果です。美容オイルの最大の魅力はオイル同士をブレンドさせることで一つのオイルに複数の効果を持たせることが可能な点であり、ホホバオイルとアボカドオイルの組み合わせが最も人気でハズレが無いのでオススメのブレンドです。美容オイルの組み合わせはうまく行けばとても効果的ですが、いくつかの注意点があります。相性の悪いブレンドを行うと全く効果が無いどころか肌荒れや感覚の麻痺等を引き起こしてしまう恐れがあり、すぐに不具合に気づかなくても多量に使用してしまうと効果が現れるケースもあるので注意が必要です。正しいブレンド方法で美容オイルを効果的に使用しましょう。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:59 PM

購入時のポイント

さて、最近アロマオイルなどが私たちにとってより身近な存在となって来ました。中には自分自身でオリジナルのアロマオイルなどを作ろうとする人も現れ、これらのオイルは更に奥深いものへと発展しつつあります。

 

 
そしてそんなアロマオイル等を既に試している人の中には、オイルの調合や混ぜあわせについて、様々な試行錯誤を繰り返している人も多いかもしれません。
これは色々実験を繰り返さなければ効果が出づらいという側面もあります。さてそれでは、お金と時間を無駄にせずに適切なアロマオイルを自分で作成するコツとポイントはどのような点にあるでしょうか。
その秘密はオイルを購入する際の量にあります。おそらくあなたがアロマオイルショップなどを訪れると、あまりにも素敵で魅力的なオイルがたくさんあり、思わず多量に買い込んでしまうことはないでしょうか。
しかし、そのオイルが確実に効果があるかどうか、またはアレルギーなどの悪影響を及ぼすかどうかは、ボトルなどのラベルからでは判別がつきません。ですので、先ず最初にごく小さな必要最小限だけを購入しましょう。
そして家に持ちかえり、自分がこれはと思うオイルと少量を混ぜあわせ、少しづつその結果を見てみれば、オイルも時間も無駄にはならないことでしょう。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:58 PM

他オイルとのオススメのブレンドについて

アロマテラピーを考える場合に重要視されておりますのが精油のブレンドであります。

 

 

このブレンドをすることにより香りのハーモニーが生じて相乗効果が期待されるのですが、そのためには基礎的な知識を有しておく必要があります。まず精油を調合する際の基礎知識としまして揮発速度が挙げられるのですが、これは精油成分の種類によって異なる揮発速度を有しておりますのでそれぞれの特性や特徴を把握しておく必要があるということなのであります。この特性を表す言葉としましてノートがあるのですが、揮発速度の速い順番からトップノート、ミドルノートそしてベースノートと呼ばれておりまして、調合した場合には時間の経過にともなって香りの変化をシミュレーションしておくことが重要となります。また香りの強弱も基礎知識の中では重要な項目であり、強い香りの精油成分と弱い香りの精油成分をバランス良く組み合わせるのが良い調合であるとされております。そしてアロマテラピーの基礎知識として最も重要な基礎知識とされているのが香りの7分類なのであります。この分類を列挙していきますと、ハーブ系や柑橘系、フローラル系にオリエンタル系、樹脂系およびスパイス系に樹木系と7種類の項目に分類されるものであり、それぞれのグループごとにブレンドの相性が存在しますので、しっかりと勉強しておくことが良い調合をするための近道になるとされております。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:57 PM

肌への影響

古代エジプトの時代から料理や薬、香料などに活用されてきたコリアンダーですが、コリアンダーの完熟した果実からは、そのスパイシーでほのかな甘みを堪能できる芳香を存分に楽しめるエッセンシャルオイル(精油)が抽出されます。
コリアンダーの果実には強い抗菌作用があり、この時代の王家の墓から多く発見されていることから、ミイラの防腐剤や神聖な儀式のため芳香のとして用いられていたと考えられています。

 

 

 

この果実から抽出したコリアンダーのエッセンシャルオイルにも当然高い抗菌作用があり、肌に使用することで嫌な臭いを発するバクテリアなどの増殖を抑制することもできるので、デオドラント(消臭剤)としても重宝されています。
特に、コリアンダーの精油は、足の裏やわきの下などの汗でむれやすく雑菌が繁殖しやすい場所に利用することで高い消臭効果が期待できます。
ただし、精油を消臭剤として使用するときには、原液そのままだと肌への刺激が強いので、精油を水などで希釈して手作りのデオドラントスプレーを作ったり、アロマバスに数滴垂らして利用したりするなどの工夫が必要です。
最近ではコリアンダーの精油を配合したスプレーも市販されているので、スプレーを作るのが面倒だという方はこうした製品の使用をお勧めします。

また、コリアンダーはハーブティーとしてもヨーロッパを中心に古くから飲まれていますが、ハーブティーとして摂取することで消化を促進して胃腸の調子を整えることができます。また、体内に取り込んだ有害物質の排出を促進するデトックス作用もあるので、腸内環境を改善して美しい肌をつくる美容効果も期待できます。

 

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:56 PM

体への影響

エッセンシャルオイルは、臭覚から脳に刺激を与えて気分を変えたり、キャリアオイルと混ぜて塗布することで、皮膚から身体の内部に侵入して不調を取り除いたりという働きをします。
コリアンダーの香りを御存じでしょうか。
コリアンダーは料理やワインのスパイスとして用いられる事が多く、それそのものの香りを嗅いだ事がないという方も多いのですが、甘くスパイシーな香りを持っており、アロマテラピーとしても充分使えるものです。
刺激が強いので脳を活性化させて、落ち込んだ気分も上向きにするという効果が期待出来ます。
さらに、身体の内部への作用としては、消化器系に働きかけ、消化不良や食欲減退も解消してくれるのです。
さらに、血行を改善して、全身への巡りをよくするため、消化器系意外の内臓にも結果的に嬉しい効果をもたらすこととなります。
血行がよくなれば、例えば肩や腰、関節などの痛みを緩和することも出来ますし、疲労回復のサポートにもなるでしょう。
コリアンダーは、使い続ける事により、人間の根本を改善して様々な不調を改善するというもので大きなエネルギーを持った素材と言えるのではないでしょうか。
料理にも使えますから積極的に取り入れたいものです。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:56 PM

心への影響

古代エジプトでは「幸福をもたらすスパイス」といわれ、食用としても薬草としても重宝されてきました。
葉と種によって香味が全く変わり、葉の部分はパクチーとも呼ばれて好みが大きく分かれるクセの強い匂いです。

 

 

そんなコリアンダーではありますが、精油になると一転してスパイシーでほのかに甘さを含む官能的な香りへと変貌を遂げるのです。
コリアンダー特有のスパイシーな刺激作用により、疲れた心にやる気と活力を与え、集中力を高めます。
また脳は、情報だけを記憶として留めておくよりも、刺激と情報をともに覚えておくほうが忘れにくくなります。
よってコリアンダーには記憶力向上の効能も備わっているのです。

さらには女性に嬉しいデトックス効果が抜群。
ビタミンCやカルシウム、鉄などの栄養素を豊富に含み便通の悪さを改善し、美肌作りにも最適。
高まり過ぎた神経を鎮静させる効果もあるので、偏頭痛を和らげてくれます。

ハーブティとして飲めば体内から働きかけ、アロマテラピーで香りから心へと作用していきます。
心と体の繋がりは切っても切れないからこそ、どちらにも効果的なコリアンダーは優秀だと言えるのです。
安らげる刺激を与えてくる、スパイスコリアンダーです。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:55 PM

主要成分のリナロールの役割について

コリアンダーはワインの香り付けやスパイスとして利用されることもあるセリ科の一年草であります。

 

 

そしてスパイシーかつ刺激的な香りはパヒュームや化粧水などに多用されているハーブという位置づけであります。この中に含まれて降ります主要な芳香成分としましては、モノテルペンアルコール類としましてリナロールが存在しており、以外にはモノテルペン炭化水素類としましてγーテルピネンとリモネン、およびケトン類としましてカンファーが挙げられているのですが、中でもモノテルペンアルコール類であるリナロールが全体の60%~70%以上を占めておりまして、効能としましては鎮静作用が期待されております。全体としてのアロマによる効能は、まず精神的な効能が挙げられるのですが、特性として有している刺激的な香りが活力を与えるとされており、落ち込み気味の気分のときに使用しますと高揚効果が得られるとして有効性が報告されております。またリフレッシュ効果も期待されており、記憶力や精神の集中力アップにも役立つと考えられております。さらに身体への効能としまして消化器系に対する改善効果や、血流を良くしたり新陳代謝をアップさせることでデトックス効果が期待されております。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:55 PM

主な芳香成分

アロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイルは、それぞれ香りに違いがありますが、その香り自体にそれぞれの芳香成分を持っており、その芳香成分が身体に良い影響をもたらします。

 
例えばコリアンダーですが、これにはリナロール、γ-テルピネン、カンファーというように普段あまり聞き慣れない成分が入っています。
リナロールが全体の60%から70%をしめており、コリアンダーの主成分と言えます。
これは、鎮静効果を持っており、リラックスを与えて心を落ち着かせてくれたり、高揚しすぎた気分を鎮静させるという働きがあるものです。
コリアンダーは刺激的なものとして知られていますから、何だか矛盾しているようにも感じられますが、鎮静効果とは、気分を暗くするというわけではなく、バランスよく保ってくれるという事です。
また、アロマの世界で言う「刺激」というのも興奮させるという意味ではなく、脳の活性化という表し方が適切と言えます。
コリアンダーは心を一定の状態に保ち、浮き沈みしやすい気分を安定化させてくれますから、現代病と言われる「躁うつ病」のように気分の激しい変化に悩む方などには最適なエッセンシャルオイルと言えるのではないでしょうか。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:54 PM

コリアンダーの歴史

コリアンダーはメソポタミアで出土された文字盤の香料植物リストにその名が刻まれ、
旧約聖書には、「エジプト脱出を祝う三大祭の最初の祭りの際は、
ユダヤではコリアンダーの葉を食べなければならない」と記されている程に古くから重要なスパイスとして使われてきた植物です。

 

薬用としても紀元前からヒポクラテスがその効用を説いていたコリアンダーですが、
古代エジプトでは、また特別な存在だったようで「幸福のスパイス」と呼ばれ薬用や調味料としてはもちろんの事、
コリアンダーを死者と一緒に墓に葬る習慣もあり王家の墓からはコリアンダーの実が沢山見つかっています。
歴史があるだけに伝説もあり、新バビロニアの王ネブカドネザル2世がアミュティスを慰める為に建造した、
バビロンの空中庭園にも植えらていたと言われています。
コリアンダーが日本に入ってきた歴史は意外と古く927年に書かれた書物「延喜式」に「胡づい」という名で出てきますが、
独特な匂いの為かあまり普及しなかったようです。
今では日本でも東南アジア系の料理ではもちろんですが、ハーブティとしてなども親しまれていて、
効能としては緊張をほぐしイライラを静めたりする効果や、
胃液の分泌を促進する事で消化を助けたり食欲の増進に働きかけたり、
腸内にガスが溜まりにくくしてくれるなどがあります。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 3:06 AM