他オイルとのオススメのブレンドについて

アロマテラピーを考える場合に重要視されておりますのが精油のブレンドであります。

 

 

このブレンドをすることにより香りのハーモニーが生じて相乗効果が期待されるのですが、そのためには基礎的な知識を有しておく必要があります。まず精油を調合する際の基礎知識としまして揮発速度が挙げられるのですが、これは精油成分の種類によって異なる揮発速度を有しておりますのでそれぞれの特性や特徴を把握しておく必要があるということなのであります。この特性を表す言葉としましてノートがあるのですが、揮発速度の速い順番からトップノート、ミドルノートそしてベースノートと呼ばれておりまして、調合した場合には時間の経過にともなって香りの変化をシミュレーションしておくことが重要となります。また香りの強弱も基礎知識の中では重要な項目であり、強い香りの精油成分と弱い香りの精油成分をバランス良く組み合わせるのが良い調合であるとされております。そしてアロマテラピーの基礎知識として最も重要な基礎知識とされているのが香りの7分類なのであります。この分類を列挙していきますと、ハーブ系や柑橘系、フローラル系にオリエンタル系、樹脂系およびスパイス系に樹木系と7種類の項目に分類されるものであり、それぞれのグループごとにブレンドの相性が存在しますので、しっかりと勉強しておくことが良い調合をするための近道になるとされております。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:57 PM