主要成分のリナロールの役割について

コリアンダーはワインの香り付けやスパイスとして利用されることもあるセリ科の一年草であります。

 

 

そしてスパイシーかつ刺激的な香りはパヒュームや化粧水などに多用されているハーブという位置づけであります。この中に含まれて降ります主要な芳香成分としましては、モノテルペンアルコール類としましてリナロールが存在しており、以外にはモノテルペン炭化水素類としましてγーテルピネンとリモネン、およびケトン類としましてカンファーが挙げられているのですが、中でもモノテルペンアルコール類であるリナロールが全体の60%~70%以上を占めておりまして、効能としましては鎮静作用が期待されております。全体としてのアロマによる効能は、まず精神的な効能が挙げられるのですが、特性として有している刺激的な香りが活力を与えるとされており、落ち込み気味の気分のときに使用しますと高揚効果が得られるとして有効性が報告されております。またリフレッシュ効果も期待されており、記憶力や精神の集中力アップにも役立つと考えられております。さらに身体への効能としまして消化器系に対する改善効果や、血流を良くしたり新陳代謝をアップさせることでデトックス効果が期待されております。

Filed under: 未分類 — こりあんだー 6:55 PM